托卵妻 入間茜

「茜」は余命宣告を受けた。死を目の前にして自分の子供を残そうとするが、夫は無精子症であった。諦めきれない彼女は義父の子供を妊娠しようと考え誘惑するが、子供はできなかった。絶望した「茜」はベランダから光の中に消える。しかし、悲しきかな夫の無精子症は治療により回復する・・・。 / 托卵妻 入間茜

続きはコチラから395641