熟女妻面接ハメ撮り[三十一]

「ずっと自慰で誤魔化してきたけど虚しくて。人生の最後に私が女性であった証が欲しいんです・・・」夫に内緒で他人棒を受け入れるアラフィフ熟女妻たち・・・。富江、50歳、結婚25年目。ホテルの一室、AVへの出演を希望する女性の面接・・・熟女妻は夫に内緒で来ていた。人生の最後に女としての自分を確認したいと云う。小学生の頃に芽生えた性への興味、きっかけは自転車のサドルで股間がこすれた時に感じた得も言えぬ快感だった。それ以降、隠れて股間を弄るのが癖に。少女時代も、結婚してからもいけないと思いつつ止めることが出来なかった。五十を過ぎても昔と変わらず自分で慰めることしかできないことに虚しくなった熟女妻は初対面の男に股を開いた・・・。 / 熟女妻面接ハメ撮り[三十一]

続きはコチラから394608